2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« DRAGON GATE | トップページ | 何かのお導き・・・ »

2007年3月20日 (火)

申請主義

ブログをみている方々おはようございます。ここのところお菓子を食べまくっており、アメリカ風に言うと自分の身体のコントロールを出来ない人間が部下の管理が出来るわけ?と指摘をうけても何も言えない今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

今日は申請主義について書きたいと思います。以前から、メールをみていただいている方は知っていることかと思いますが私は福祉の仕事をしております。その中で、何事においても「まずは申請しないと」という言葉を発していることがたびたびあります。その中には介護保険の申請や補装具の交付の申請・高額医療費の申請など様々あるわけですが、世帯の所得がどこに位置づけられているのか家の人がわからないと対応できないことや、その制度自体がわからないなど困っている方がまだいます。

実は私もこういう仕事をしていながら、身内の方にこのような問題に直面している方がおりまして、なんだか恥ずかしいなあと思ってしまうことがありました。その方は、約80歳のおばあちゃんで長男との二人暮し。長男は出稼ぎに行っているとの話を聞いておりました。おばあちゃんは、このたび両膝の手術のため入院することになったのですが、どうも医療費を払っていけるのか心配に感じたようで、手術のため一時面倒をみにきた他県在住の娘さんに相談したそうです。がしかし、娘さんもよくわからず。私のところに相談がきて・・・。役場に行って話を聞いたら低所得Ⅱに該当することがわかったということが数日前にありました。

ある意味私たちの仕事はこういうことで成り立っているのですが、このような制度や申請に気づかない人たち、この情報社会の中でも必ず取り残されている人たちがいます。こういう制度にあなたは該当しますので、役場にでもお越しいただければ幸いですとかって自宅に郵送したとしたら、このような問題に直面する方は少しは減らせるように思います。役場でもそんなことをいちいち対応していたら郵送代がバカにならないとか返答するのかも知れませんが、そのようなことにお金をかけずしてまるっきり必要としない物にお金をかけているとしたら・・・。庶民としては許せないですよ。いずれにしてもそのような人たちに少しでも知ってもらえるような機会が出来たらなあと感じました。

« DRAGON GATE | トップページ | 何かのお導き・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 申請主義のカラクリをうまくまとめていますね。 税金の申告、高額療養費の申請、生活保護の申請、身体障害者の該当、介護適用、奨学金の活用等、お役所関係では、この申請主義ってなっちゃうんですよね。結果=「知ってる人だけが得をする」という仕組みなんですよね。 大体、普通のサラリーマンがいくつもの制度を知ってる訳ないでしょって(^^;
 お役所にも改善してもらい点、いくつもあるし、自分の会社の中でも見直しする点あると思う。
 しっかし、お役所はこの仕組みを何十年も改善していないんだから、幸せな所だよね。「お客(住民)」の身になっていない悪例ですって。
 あ~、誰に言えば改善するんだろ・・・。

課長 図画工作さんコメントどうもです。これって議会とかで取り上げてもらって改善するなんて出来ないものなんですかね?
素人考えで恥ずかしいことなのかもしれませんが、私がそういう立場でしたら、まずはこれを公約にあげますね。身近な問題でぜったい住民から感謝してもらえると思いますがね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/5751123

この記事へのトラックバック一覧です: 申請主義:

» 福祉住環境コーディネータ [福祉住環境コーディネータ]
福祉住環境コーディネータ資格について [続きを読む]

» 介護福祉士 [介護福祉士の資格 介護福祉士になるには]
介護福祉士の資格、介護福祉士の仕事について紹介します。 [続きを読む]

« DRAGON GATE | トップページ | 何かのお導き・・・ »

最近のトラックバック

ウェブページ