2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 購入して初めての洗車 | トップページ | 慣れの恐ろしさ »

2007年5月20日 (日)

社会福祉士登録証

ついに自宅に届きました。

社会福祉士登録証!!これで資格がありますと名乗ることが出来るわけです。ひとつ欲を言えば、失言の多い厚生労働大臣の名前が・・・。

Photo

« 購入して初めての洗車 | トップページ | 慣れの恐ろしさ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

べかちゃんさん、登録証おめでとうございます!!これで堂々と資格ホルダーと名乗れますよね(o^-’)b  ところで大臣の名前に関しては、いまどきの政治家であれば、誰が大臣になっても問題が発生するということで(^▽^ヾ

novicolanさん、二度目のブログのお越しありがとうございます。政治家が失言で失脚されそうになっているのをみて、この人達、頭がいいのになんでこんな発言をしてしまうのか?疑問でした。きっと心の奥底に思っている思いが出てきてしまうのか。もしくは、コミュニケーション能力が低いのか、いずれにしても人前で話すということは政治家として必要な技術なんでしょうね。それにしても、無事登録証がきてよかった!よかった!!

 改めて合格おめでとう。
 柳沢大臣のコメント・・・うーん、どうみても最低ですね。あの年代の人が、天皇万歳&男社会の中で育ってきたことはわかるんですがね。
 やはり、自称「政治家」と言う奴ほど胡散くさい。政治生命をかけて頑張りますって、4年に一度はマイク持って張り切りますけどね(オリンピックかよ)。
 国会議員&地方の議員もさ、末端の人の生活や苦労の経験が限りなく皆無に近いので、普段の言動に違和感を感じる事があるのだと思います。
 大体、税金もらっても、議員として働いていない輩が多いですもんね。もうその点から変ですって(^^;

課長 図画工作さんどうも。今年は選挙の年だからなのか?どうも政治ネタが出てしまいますね。それにしても4年に1回の頑張り。オリンピックに参加する選手とは雲泥の差ですね。

 ゴメンゴメン。今年は大型選挙続くので、どうもそっち関係のネタが続きますね。
 あ、ところで、MYブログは7月開設予定です。 時事ネタ、スポーツ、子育て、世間話、お酒、行政(政治)と、幅広くコメントする予定です。 開設したら、よろしくね(^^;

課長 図画工作さん、ブログ開設の件了解しました。ちなみに私も今年2月にブログを開設しましたが、ただいまの状況としては、累計アクセス数が3457、1日あたりの平均が32.61、リピート率7.7パーセントです。
課長 図画工作さんのブログの内容でしたら、すぐに私の現状の数値を上回っていくような気がします。
ブログに関しては別に数字にはこだわっていませんが、お互い切磋琢磨して、互いの意見をぶつけましょう。
今後とも宜しくお願いしますね。

 そうですね。お互い力まない程度に頑張りましょう(^^; 
 ボクは異業種からの情報ほど、ためになるものはないと思っています。
 貴殿の今日の記事の事もそうですが、いつも同じ人とだけ話をし、没頭してその仕事をしてれば、それが普段の「常識&慣れ」につながる可能性が高いと思います。
 異業種の人といれば、表面的なことだけでなく、現実や裏話も「ぶっちゃけモード」になり、いろんな常識&人生&価値観も聞くこともできるので、とても為になること多いものですよ~(^^)

 おはよう(^^)
 2009年度から専門介護福祉士の資格が創設されるようですね。
 私見ですが、おそらく、介護報酬の細分化(見直し)もされるでしょう。現在の介護福祉士の所得が低いから新たな資格を創設し、所得面でのフォローとかとマスコミは言ってますが、上記の制度が見直しされても、歳出総枠(国から出るお金の総額)では、高齢者人口の伸び率以外の要素は頭打ちにするので、所得面での解決は難しいと見ています。
 ですから、福祉分野の第一線の人にとっては、今の雇用条件を確保するために、上級資格を取得するって感じになるでしょう。

 近年の施設内での人為的な事故も多いので、資格を創設した面もあると見てますが、施設経営者は人件費削減のために、必要以上に監禁し『人』を動かせなくしたり、最低賃金とかでパート雇用をしているのを分かってないんですよね。

 どうも先行き暗いですね。打開策があればいいのですが・・・。べかちゃん、今度また議論しましょう(^^;

どうもです。福祉業をしている私ですが、いまいちその専門介護福祉士とやらの情報が、よくわかっておりません。
いつもの十八番ですが、ある程度の人数が満たされれば、また介護報酬の減算という手段をとってくるに違いない。ちなみにその記事って何に載っていましたか?

 おはよう。出元はこれですよ(^^; http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007052901000441.html
 東奥日報はこの記事をコピーしたようなもんですよ。日々の全国ニュースは記事の提供を受けてるのかも知れませんね。
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20070529010004411.asp
 需要は伸びる一方だし、これからどんどん細分化されてくるから、ガンバだよ!!流れを読みついていかなきゃ(^^;

課長 図画工作さんおはようございます。ほんと新聞をみていないため、情報が遅くて申し訳ありません。うちの上司にも新聞をみろ!!と指摘を受けておりますが、なかなか習慣になりません。一番の原因は新聞代をケチっているのが原因なんですけどね(涙)。
話は変わりますが、私が最近よくみているブログがあるのですが、同業者で北海道のある施設の園長をしている方らしいのですが、これがなかなか奥深いところまで話を掘り下げて書かれておりまして、かなりよい勉強になっています。
http://blog.livedoor.jp/masahero3/
この方のブログの内容で語られているのは、専門介護福祉士の給与はアップするかもしれないが、その分を他の職員、つまり現行の介護福祉士などから補う部分を引っ張ってこなければ運営できない施設や事業所が出てくる恐れがあるということ。逆に介護福祉士の待遇低下に繋がりかねない。ますます介護の現場から人が離れる状況が生まれてしまう。准介護福祉士(介護福祉士が不合格となればこの資格となるようです。なぜなのか全然意味がわかりません。)という資格?とあいまって現場の職員待遇が複雑化、劣悪化、格差助長されるだけの結果になるのではないか。介護給付費が上がらなければ、お金をかけて資格を取ったその対象者自信にもメリットがないものになるかもしれない。単に国が研修費用を丸儲け、という状況が生まれかねない。と指摘しておりました。ほんとこの方のおっしゃるとおりです。
話は変わりますが、これをみて実感していただけると思いますが、自分がブログを立ち上げたことで、他者のブログにも関心を持ち、そのことでいろいろな情報を得られるんですよ。ブログって!!
課長 図画工作さんは、スポーツ、子育て、世間話、お酒、行政(政治)について書きたいと話されておりましたので、そのような記事を書いている方をみつけることが出来れば、さらに知恵も深まることでしょう!!(私個人の意見としては、あなたの知恵がこれ以上深まったら議論にならなくなってしまいますがね。)

 ブログはもうちょい待ってください。近々着手しますので(^^;
 
 しかし、やはり、↑の方もボクと同じように、結果的に「雇用環境は根本的に改善されない」って予想なんですね(--;
 ・・・でも、貴方が嘆き続けても、国策等、どうにもならない事もあると、他人ながらボクは思います。ここは皆の意欲が下がらないように、管理職として何か考えた方がいいかな・・・。施設内の労○組織になってもしゃあないし。ほとんどの株式会社=社会福祉法人の『社長』は、雇用の改善うんぬんより「経営」しか見ていないものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/6490610

この記事へのトラックバック一覧です: 社会福祉士登録証:

« 購入して初めての洗車 | トップページ | 慣れの恐ろしさ »

最近のトラックバック

ウェブページ