2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« おしらせ | トップページ | 弘前ねぷた開催 »

2007年7月30日 (月)

安倍ちゃんの姿に自分を重ねる

決戦が終わって一日が経ちました。皆さん、きちんと投票には行かれましたか?予想はしていましたが、まさか民○党があそこまで大勝するとは・・・。ほんとに二大政党の動きになってるなあと感じた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

まず、今回の選挙での私の感想としては、マニフェストうんぬんの勝利というよりも自○党(中央部の方)が勝手に墓穴を掘って自滅した(年金・格差・スキャンダル・失言など)・・・としか思えない内容でした。こんな大敗したにも関わらず、今だに改革うんぬんの話をする空気が読めないおぼっちゃまこと安倍ちゃん。

そんな安倍ちゃんに私は自分を重ねるような思いにふけってしまいました。実は、私が管理している部門で7月いっぱいで二人の退職者。8月中旬に一人の退職者、計3名の退職者が出ました。しかもみな重責を担う主任級あるいは現場監督ともいうべきリーダー級の退職でした。そんな中でいろいろ話を聞かせてもらったのですが、退職の理由としては健康面・人事評価についての問題もあげておりましたが、どの方の話を聞いてみても職場の人間関係の悩みが出ておりました。本来であれば、そのような重責を追いつつ、人間関係に困っている部下に適切なアドバイスと激励の声がけ、さらには少しでも職場の雰囲気が明るく、人間関係に悩まなくてもよいような職場環境を提供してあげることが上司の役目にも関わらず、何一つ出来なかった自分の力量のなさを日々痛感している状況です。

こんな苦境を、今、もっとも身近で味わっている人間・・・。そう、今の自○党党首安倍ちゃんの姿が、自分と重ねられるような感じでなんともいえない気分でした。私も、普通であればリーダーシップがとれないとして自ら退職するというのが当たり前のことなのかもしれませんが、今の状況で退職するわけにはいかない。きちんと最後まで責任をとってから、然るべき判断をするというのが本当の意味での上役の責任の取り方なのではと思っています。

仮に安倍ちゃんが、そういう思いで総理を辞任しないとするならば、それは彼なりの最良の判断なのかな?と勝手に思ってしまうべかちゃんでした。この際、どうでもいいことなのかも知れませんが、考えた結果、私は安倍ちゃんが属する党には投票しませんでした。

« おしらせ | トップページ | 弘前ねぷた開催 »

事業経営」カテゴリの記事

コメント

 べかちゃんの職場がそうなっていたとは・・・。
 責任の取り方はいろいろありますよね。ただ辞めるのは、一番簡単&無責任な手法だと思います。やり遂げてから考える方法もあります。
 安○ちゃんには、「拉致被害者救出」の際の輝きを取り戻して、猛省してもらいたいです。
 ボクは、小選挙区は自○、比例は民○に入れましたが、どちらも、とことん好きにはなれません。もちろん、その他もです。

 自○は「利権業界の代表」、民○は「お役所&社保庁&先生の労働組合代表」がほとんどでしょ。比例の開票結果を見て、ガッカリしましたよ。
 国や政治をおかしくしてるのは、こいつらのせいでしょって思いました。

 社保庁の労働組合なんか、年金相談そっちのけで、民○を応援してる人がいるって、ネットでありましたからね。
 あいつらは一体、誰のために仕事してるのでしょうか。民○のためなのでしょうか? 一日も早く、消えた年金を返してほしいです。

 一体、どこの党がいいのかなって思う、今日この頃でした(^^;

課長 図画工作さん、いつものキツメのコメントどうもです。うちもそこまでは把握しておりませんが、なんかだいたい予想はつきました。
以前からの疑問だったのですが、やっぱ党って必要なものなんですかね~?あんな党とかあるから、しがらみで動かないといけなくなるのかなあと素人考えですが思ってしまいました。お金があるかないかの選挙もうんざりですよね。

 う~ん、ボクも同感です。考えちゃいますね。
 国会議員も衆参合わせて730人いるから、党を組んで、意見集約して国会に臨んでいるんでしょうね。 実際は、選挙のための組織かな。。。 
 ま、党がなく、皆ばらばらじゃ、総理大臣や官僚も、意見の聞きようがないのもあるかもね(^^;

 ま、党なのか、徒党なのか知らない&深く知りたくもないけど(^^;、身近な県議会や市町村議会では党はなくてもいいと思いますね。 超党派であってほしいですね。

 やはり、党や 組織や 選挙や 利権とかのためでなく、「住民」のための議員であってほしいですよね。

 ーん、なんか自分で熱くなってきました。またね(^^; 

課長 図画工作さん、意見&助言ありがとうございます。そこ、そこなのさー。うちも言いたいところは!!
党を作らなくても考えが一致した人が、その都度、まとまればいいでしょと思います。
後は国民の投票で決める!!これぞ民主主義ってか?!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/7333801

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍ちゃんの姿に自分を重ねる:

« おしらせ | トップページ | 弘前ねぷた開催 »

最近のトラックバック

ウェブページ