2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 幸せのかたち | トップページ | 興行 »

2007年10月 6日 (土)

遺言

先週から今週とハードな一日を送っていますが、そんな時に若乃花がついに離婚というのはなんとなく予想はできましたが、母親がのこのこ出てきてコメントを話していることにどうも違和感を感じてしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

皆さんもご存知のとおり、先週はかみさんが大阪で行われる学会に参加のため、家事と育児をしていたわけですが、今週のあたまに埼玉に住む私の母の兄(伯父さん)が亡くなったという訃報を聞きました。私も三回ぐらいでしょうか・・・会ったことがあり、小さい時にお小遣いをもらった記憶があります。そんな伯父さんが、死ぬ前にお願いしていたことがあるそうで、それは自分が亡くなったら、地元の墓に納骨してほしいというお願いでした。

普通であれば奥さんや息子さんが、納骨のために青森に来るのが普通だと思いますが、どうもうちの母や母親の姉が気をつかったらしく、自分達は通夜に出れない分、御骨を持ち帰れば、お互いに必要以上の金銭の負担はかからないのでいいだろうということで、私が青森ー埼玉往復間の運転手に選ばれたわけです。

朝の9時頃に青森市内へ母の姉を迎えに行き、その後埼玉へ。なんせ病弱の母と母の姉を乗せていくわけですから必要以上に休憩を入れて着いた時間が夜の8時。約一時間ぐらい、伯父さんの奥さんと息子さんと話をして御骨と位牌を受け取り、その後すぐに青森へ。一時間半ぐらいの仮眠を二回し、着いたのは朝9時半頃で、さすがに疲労感いっぱいではありましたが、母親と母の姉は伯父との約束を果たせたことがよっぽどうれしかったようで、一睡もすることなく青森に戻ってきました。

なんかタイトルから離れて疲れた!!だけの記事になりそうですが、私もこれまで友人の死を三回みてきました。そこで以前から思っていたのですが、私もいつどうなるかわかりませんし、私が死ぬことにより我が家もいろいろな支障が出てくるように思います。そこで、このブログを使って遺言というかメッセージを残しておこうかなあと、今回の件をみてそんな気持ちにさせられたので書き残しておきたいと思います。

私が亡くなったら、この家と土地、そして子供達の名前など、すべてかみさんの指示に従ってください。それだけです。これで、私が亡くなってからの我が家のいざこざも少しは減ったかなと勝手に思っています。

« 幸せのかたち | トップページ | 興行 »

遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/8262192

この記事へのトラックバック一覧です: 遺言:

« 幸せのかたち | トップページ | 興行 »

最近のトラックバック

ウェブページ