2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 全国初 | トップページ | 昔の縁・新たな縁 »

2008年1月26日 (土)

宿直にて

最近、すごい雪ですね。雪片付けでブーブー言ってる方も多いように思われる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな時期なのに、昨夜、宿直にてこんな出来事がありました。月2回程度宿直を行うわけですが、普段の宿直の業務としては、老人ホーム内の戸締り・火の元の確認に電話対応などが主なのですが、23月15分頃、老人ホームの夜勤者より情報あり。隣にあるグループホーム利用者の○○さんがいなくりましたとのこと。どうも食堂から無断外出されたようで4月11日の出来事(http://ryutakemura.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_18a5.html)が一瞬思い出された。時間を聞くと、不在になってからさほど時間(5分程度?)は経っていないとの話であったため、近隣を探したところ1分後には○○さんを発見することができた。

発見した姿はサンダルを履き下着姿であった。どこに行くつもりだったのか聞いてみたが、道がわからず困っていると話し、具体的な場所を聞くがどこに向かおうとしたのかも思い出せない様子。とりあえずグループホームに戻ってもらい、グループホームの夜勤者にお願いし、足浴と衣類交換をしてもらう。血圧は高めだが体温・脈とも正常であった。

以前にも述べたかもしれないが、外出が出来たことに関しては、福祉の現場でも意見が分かれるところである。1.外出して発見できない場合は施設の責任になるから利用者の手が届かないところに鍵をつけるべきだという事業所。鍵をかけて自分の出たい時に外出をさせない、いわゆる拘束ともいえるような毎日を利用者に過ごしてもらうこと自体、罪なのではないかと考える事業所。私が勤務する法人では、後者で普通の家と同じように暮らしてもらうということを念頭においてあるため必要以上の鍵はない。

皆さん・あるいは同居している方が認知症を患い、仮にグループホームを利用させたいという時、あなただったら、どちらの施設を利用させますか?

いずれにしても今まで宿直をしましたがこんな出来事は初めてである。すぐに発見でき、不幸中の幸いと言ったところだろう。ちなみに今回の事例ではマットを踏めば音がなるという福祉用具でレンタルされている商品では場所的に対応できなかったと自己判断している。そういう道具に頼ることがまたさらなる事故を招くという意見もあるが、何かよい福祉用具はないものだろうか?

« 全国初 | トップページ | 昔の縁・新たな縁 »

介護と福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/10080057

この記事へのトラックバック一覧です: 宿直にて:

« 全国初 | トップページ | 昔の縁・新たな縁 »

最近のトラックバック

ウェブページ