2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 柔術の元祖 | トップページ | こちらも本格始動 »

2008年6月 2日 (月)

べかちゃん邸防犯見学会

こないだの田植えに30日の親子遠足。そして昨日雨天の中のソフトボール大会の応援など、普段、体調をととのえている人ですら風邪をこじらしてしまいそうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?ちなみに私はというと見事に風邪をこじらせ、ただいまハスキーボイスでございます。上田正樹の悲しい色やねを歌えば、ちょっとした女の子はおとせるかなあなんて、ひそかに妄想にふけってます・・・。

そんな話はともかく本題ですが、今日こんな出来事がありました。

長女が下校し自宅にたどり着くと鍵を自宅内に忘れたことに気づく。長女の同級生が、家に入れないと困るだろうなあと思い、鍵穴に木の棒を入れ鍵を開けようとするが開かず(長女は辞めるように話したそうだが詳細は不明)。友人あきらめて自分宅に戻る。数分後、かみさんが長男を保育園に迎えに行き帰宅。鍵を開けようとするが鍵が奥まで入らない。娘に理由を聞くと・・・・・・・・。大きな雷が長女に落ちた様子。

かみさんから自分に電話が入り、これまでの状況を教えてもらい、とりあえず鍵穴に入った木がとれないものか試みてみるとの話あり。帰宅し、鍵穴に入った木を除去しようとしたが、結局、改善はみられないため、ハウスメーカーのTさんに電話連絡。電話連絡したところ、30分ぐらいかかりますとの話であったため、幾らよかれと思ってやったことだとしても、一応、事態は伝えるべきだと思い、木の棒を差し込んだ子供宅に行き母親に状況を説明。でも結局、うちの娘が悪いので気にしないでくださいと付け加え帰宅したが、なんせ、こんな声なので同級生の親も怒鳴り込み???でも来たかのような私に対する印象であったかもしれない。その後車中で待機。30分した後、Y○○の職員の方が3名訪れ、状況を説明するが、その状況であれば、窓もはずせないし、鍵穴も改善できないし、結局のところ、一番小さい窓であるトイレの窓を割るしかないとの話となり、いざ決断。ペアサッシでもあるので、二回窓をわらないといけないらしい。正直自分が泥棒の立場だったら、二回窓を割るなんて、ほんとうんざりだろうなあと思う。

というわけでなんとか家に入れることが出来た。また、その後、同級生の両親がお菓子持参で家に来て、謝罪を述べにこられていた。やっぱり、怒鳴り込みと思われたのだろうか・・・・?

というような出来事があったためか、長女はすっかり気落ちしている。でも、これからの請求額を考えると私もかみさんももっと気落ちしている。誰がすき好んで自分の家の窓を割るか!!と思いつつ、うちの家って実は防犯対策は出来ているんだなあと感じる出来事でありました。

« 柔術の元祖 | トップページ | こちらも本格始動 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/21369465

この記事へのトラックバック一覧です: べかちゃん邸防犯見学会:

« 柔術の元祖 | トップページ | こちらも本格始動 »

最近のトラックバック

ウェブページ