2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 東京に研修 | トップページ | 専門職を相手に初講師 »

2009年9月27日 (日)

東京に研修2

昨夜はホテル近く(九段下)の七厘酒場焼酎家、風土木(フウドキ)さんで店主や女将さんと会話を楽しむなど、なかなかいい店をみつけたなあと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、昨日行った事例検討のまとめと解説(各グループが検討した事例への対応を発表し、講師がまとめ、コメントを行うことで、スーパーバイザーとしての関わり方について理解を深める)、後見、活動におけるリスクの実際ー身上監護を中心にー(身上監護におけるリスク管理と対応について理解を深める)、後見活動をめぐる動向ー当事者の視点からー(当事者の視点からみた成年後見実践と権利擁護について改めて確認するとともに、権利擁護、成年後見をめぐる近年の動向について理解を深める)という結構盛りだくさんな内容でした。

身上監護については、範囲の明確化ということが必要との話であったが、結果的に法律的にも曖昧なところが多く、後見人の判断によるものという感じは否めなかった。ただ、医療同意や身元保証に関しては権限および義務もないということは再確認することができ、よかったと思っている。

それと一番関心したのは、毎日新聞論説委員の野沢和弘氏が後見活動をめぐる動向ー当事者の視点からーということで講演してくれたのだが、いろいろな分野について幅広い話をされており、また話の内容もどこか中身がある心のこもった講演に、論説委員をなさる方は違うなあと思わされた。

今回もいろいろな方にお会いし、話をすることができ、よい経験をすることが出来たなあと思っている。ぱあとなあ青森事務局のMさんには支部推薦していただき本当に感謝している。必ず恩返ししたいと思っているわけだが、ちょうど30日に青森県ヘルパー連絡協議会中級者研修会が行われ、講師としてお願いしたいとのありがたい話をいただいたので、その場で期待に応えられるよう私なりのベストを尽くしたいと思っている。

20090927154813

« 東京に研修 | トップページ | 専門職を相手に初講師 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/31594081

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に研修2:

« 東京に研修 | トップページ | 専門職を相手に初講師 »

最近のトラックバック

ウェブページ