2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2010年 | トップページ | 助かった »

2010年1月15日 (金)

必要な知識

2010年も早いもので15日経過した今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

これまで、いろんな事例を対応させていただきましたが、正直、介護支援専門員ってどこまでの知識を求められるもんなのかなあと感じることが度々あります。そもそも介護支援専門員になるためには、受験資格基準に該当する資格を取得しており、なおかつ定められた実務経験が必要なわけなんだけど、その取得している資格によって、得意分野や対応できる相談に限りがあるし、経験によっても知識や相談対応に差が出てくるんだろうなあと思えたりするわけで。

と考えると、その利用者さんが一番求めている要求に対応できる介護支援専門員がいいんだろうなあと感じたりする半面、その要求を聞いて妥当と思われるサービス事業所に仕事を依頼するといういわゆる調整役という役割で十分ではないかと思えたりもするわけで・・・。

いずれにしても知識はあるにこしたことはないけど、どこまでの知識が必要なのか自問自答する介護支援専門員は多いんだろうなあと思うのは私だけではないと思いますし、理想は包括支援センターのように居宅介護支援事業所にも保健・医療・福祉のそれぞれの分野の方が勤務していれば一番いいのかなと思ったりしています。

« 2010年 | トップページ | 助かった »

介護と福祉」カテゴリの記事

コメント

べかちゃんでも悩むんだ~

ホッとした

悩め悩め、ただ落ち込むな

たのしいことも考えろ

「ごんの考え」
べかちゃんの言うとおり、居宅支援事業所にも包括支援センターのような職員配置があればいいと思うけど、人件費はどうする? 大変だぞ~
介護支援専門員の取得要件の基礎資格によって知識にばらつきがあるのは重々承知している。
ワシも、理想は看護師の介護支援専門員。
ただ、看護師は介護支援専門員をしたがらない。
低賃金で苦しんでいる介護福祉士が担っているのが現状である。
介護支援専門員=ケアマネージャー
津軽弁では、「ケアとまねじゃ」で介護が出来ない
標準語では、「ケア・マネージャー」でケアをコーディネートする人。
利用者のニーズ把握も、介護支援専門員一人で分析するんじゃなく他の専門職に聴いてみればいい。
介護支援専門員が全てじゃない、利用者に関わる全ての家族や専門職でチームを組んで援助するんでしょ。介護支援専門員はリーダーじゃなく調整役だよ
、最低限の知識は必要だけど、他の専門職はどう考えているのか聞きながらやっていけばいいんじゃないかな。
ワシがいま考え、これからやっていきたいのは
「介護支援専門員と訪問介護員」
「介護支援専門員と通所介護相談員」
「介護支援専門員と短期生活の介護支援専門員」の研修会。

参考書では、ケアプランは介護支援専門員が原案を作成し、担当者会議で意見を出し合い、確定するとある。しかし、現状はどうだろう?サービス事業所が居宅で作ったサービス計画書から介護計画が作られているだろうか?介護計画を作成しやすいサービス計画を作るのが介護支援専門員で、その案を出してくれるのがサービス事業所だと思っている。

なんだかんだ書いて、訳わかんなくなったけど、
介護支援専門員が全て理解していなくてもいい。
チームで関わるんだから。
です。
研修会開催の際には案内出します。
是非、ご参加ください。

プロとしては完璧でないといけないかもですが、人間ですから完璧を求めすぎると疲れちゃいますよ〜confident
私は、べかちゃんさんの熱い心が一番素敵だと思いますupそれはどんな状況であれ、相手に必ず伝わるはずですよheart04

こんにちは。
ごんさんのコメントを読んで何だか元気になった私です。私も理想は看護師のケアマネ。私って何て物知らずなのだろうと悩んだことがかなりありました。
でも、自分で出来ることにも限界はある。悩んでも悩んでも解決できないこともある。
だからこそ、色々な事業所の色々な職種の方から少しでも情報を!と思っています。自分で担当させていただいているお客様のことでも、実際にはサービス事業所さんのほうが良くわかっているし、その都度連絡をして状況を教えていただいています。
ケアマネを始めてから、悩むことが多くなりました。頭を抱えることが多くなりました。A型の神経質な性格から、どんよりする毎日が続いたこともありました。
でも・・・好きな仕事が出来て幸せなんだから、みんなと協力し合って頑張っていければと思っています。
息抜きも必要!
笑って仕事が出来るように、少し肩の力を抜きましょう!
何だか訳のわからないコメントになってしまいましたが、べかちゃんさんのブログのタイトルどおり、日々勉強!です。焦らずマイペースで行きましょう

お久しぶりっす! 
そんなことで悩むなよ~~。

あなたには、お客さんからは、端正な知識よりも、あったかみがある「経験&フットワーク&誠実さ」がより求められてるんじゃないかな。

世の中、資格があって頭がいい奴なんて、ゴマンといるぜ。 だけど、そいつらは本当に人から「頼り」にされているか? 違うべさ。 なぜ、べかちゃんのところには、いろいろな相談がくるのでしょうか?
それを考えれば、いろいろみえてくるはずです。
自分にない知識は、他の人を頼ってもいいんじゃないか? 恥ずかしいことじゃないべ。

役所は資格をみるけど、お客さんには社会福祉士、ケアマネ、看護師だろうが、ヘルパー2級だろうが、ほとんど関係ないべ。
要は、あったかいサービスを受けたい&利用したいってことでしょ。 それに対する言葉がけや、事業所への任せ方(丸投げの有無)、定期的な電話とか、そういうのをお客さんは最も見るんだと思います。 事業に沿った細かい機能改善や○○加算なんてのは、オレから見れば二の次のことだよ。

関係個々の力にに限界があるし、看護師&ケアマネ&弁護士&司法書士&事業主(決定権者)&保険者を兼務できる人でなきゃ、すべてに対応できないんじゃないかな(笑)

ここは無理せず、べかちゃんの道を歩いたら?
悪い意味でブレないように・・・search

ごんさんへ
ご助言ありがとうございます。研修会参加いたしますのでお知らせいただければと思います。
今後とも宜しくです。

テディさんへ
ケアマネだからこれぐらい知ってるでしょ!!あるいは出来るでしょ!!みたいに思われる方が多くて大変だったんですよ。それに自分の不甲斐なさを感じたね~。まあ、いろいろあったわけです。ご心配おかけしました。テディさんも体調に気をつけて。

ケアマネ4年生さんへ
うちも日々勉強のつもりで気持ちを立て直したいと思っています。

ラストサムライさんへ
アドバイスありがとう。なんでもかんでも自分がやらなくてはいけないという考えは全くないんだけど、知識ぐらいはないといけないなあと思っててさ。まあ、都合ついたらミーティングやりましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216501/32997953

この記事へのトラックバック一覧です: 必要な知識:

« 2010年 | トップページ | 助かった »

最近のトラックバック

ウェブページ