2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

分析は大事です。

最近、ひどいせきと鼻水・のどが痛い今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日、長女が入部しているソフトボールの玉収め会ということで、親子試合やうちあげが行われた。そこで資料が渡されたんだけど、今年のチームは練習試合を含め38試合11勝26敗1分とプロ野球であればBクラス確定みたいな成績でありながら、大会では3位入賞を2回とよくわからないチームだった。

今年から、現コーチがスコアブックをつけはじめ、選手のデータを分析することが可能になり、そのおかげで、何が一番自分にとって大事な練習であるかなど、選手自身が感じ取れるという環境になってきました(中には何が悪いか目の当たりにするので、子供によっては凹む子もいますが・・・。)。

我々の仕事でもそうなんだけど分析しないと、今後、どのような方向で活動していくべきかとか、あるいは妥当性のない目標になってしまう(早い話が、売り上げをあげろという結果ありきの分析ではなく過程が大事なんだと思う。)。

というわけで、良いことは継続しようということでアキレス腱断裂で入院したあたりから、私もスコアブックをつけ始めている。腕前はまだまだなんだけど、選手のために少しでも為になるようなアドバイスができたらなあと思っている。

最後に六年生のみなさん、今年一年お疲れ様でした。できれば中学校でもソフトボールを続けてほしいんですが、それよりも何よりも自分がやりたいスポーツをみつけてくれればなあと思っています。楽しい思い出が出来ました。感動をありがとう。

2010年10月24日 (日)

出まくり

女の子の初めての生理の時に、どうして赤飯を炊くのか疑問に思った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、お休み。明日へ疲れを残すぐらいの強行スケジュールだったんだけど、充実した一日だったと思うので、その日程を書こうと思います。まず朝9時半頃から長女のソフトボールの練習に家族みんなで付き合い、ピッチングと守備の練習を1時間ほど行う。長女は久しぶりにピッチングの練習を行ったんだけど、試合にもいけるかな?と思うぐらいの上達ぶりで驚かされた。

その後は青森市に向かい、高校ラグビー決勝(青森北対青森工業)を観戦してきた。好試合で、初めてラグビー観戦した子供達も大声を出すほど大興奮。応援の仕方や試合のモチベーションの高め方などいい刺激になったみたいだ。

試合(青森工業が勝利)が終了し、今度は弘前市に向かい、以前から約束していたカラオケ屋さんに行ってきた。子供達が以前に比べ、人前で歌を歌うということに慣れてきたのかカラオケの採点モードで歌えるほどになっており、成長したなあと感じることが出来た。ちなみにこの日の最高点は78点。はっきり言って低レベルの争い。

眠気がおそってきたんだけど、本日最後の用事はねぷた囃子の練習。平川市では、新幹線開通を記念し、今年は市でねぷた運行を行う。そのお祭りに参加する6団体の囃子手が集まり、合同で囃子の練習を2時間ほど行った。今年の夏はアキレス腱断裂でねぷた運行に参加することが出来なかったので、その分、精一杯太鼓を叩かせてもらい、いい汗をかくことが出来た。

多忙だったけど、アドレナリン・セロトニン出まくりの充実した一日であった。

2010年10月19日 (火)

皆さん、知ってましたか?

ここ最近、休日は何らかのイベントに参加し、少し疲れ気味の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日も本業の介護の話なんだけど、11月11日は何の日か知ってますか?介護をしていて知らないという方がおられましたら(私も含めてですが)、是非とも知っておいたほうがよい情報をお知らせします。11月11日は・・・・介護の日だそうです(もったいぶってたわりにたいしたことないですよね。期待した方申し訳ない)。

具体的に何をするかについてですが都道府県において違いがある様子。ちなみに青森県に関してはこのような取り組みを行うらしいです。少しでも介護をしたいという方が増えることを陰ながら祈っています。

2010年10月14日 (木)

職場だからわかったほうがいいのでは・・・

読書の秋ということで、いちばんわかりやすいソフトボール入門という参考書を読み始めた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

これは私にとってもものすごく関係のある話なんだけど、2011年度あたりを目標に企業の健康診断でうつ病などの精神疾患の兆候を調べるということを始めるそうだ。

そこまではいいことだなあと思っていたんだけど、自覚症状等に関しての詳細は企業側に分からないように配慮するらしい。理由としては、うつ病などに対する社会的な理解が進んでいない現状を考慮し・・・と書かれていたが、うつ病発症の大半は職場の人間関係や業務内容・量などが原因だと思うのにわからないように配慮するなんて、根本の問題が解決されないように思えてならない。

ちょうど先日、同じ症状のある方から相談を受けたんだけど、やはり企業側もそこに勤務する同僚も理解してくれないと仕事への復帰はなかなか難しいんだろうなあとつくづく思う。

2010年10月 7日 (木)

募集

最近、風邪をひかれている方が多いなあと感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

居宅介護支援事業所開設から1年と少し経過したわけなんだけど、結構時間を要する業務があるわけで・・・。その中のひとつが短期入所生活介護および短期入所療養介護(ショートステイ)を利用できるかどうかの電話での施設探しである。

もともと両事業とも介護者の介護負担の軽減や介護者等の冠婚葬祭のため、一時的に施設で利用者さんを預かってもらうサービスなんだけど、いざ、それを希望する利用者さんおよび家族がいてもなかなか受け入れてくれる施設がみつからず、各事業所の担当者からベッド満床ですとの返答が聞かれることがほとんどで困っている。

ベッド満床の理由に施設の経営が絡んでいることは言うまでもないので、ここではどうのこうのとか言うつもりはないけど、出来れば某事業所のように何日から何日までは空床があるとの情報をいただければ、こちらも事務作業の手間が省けるし、効率的に仕事が行えるので、メールでもFAXでもいいので情報発信出来るという事業所の方がおられましたらご一報いただければうれしいです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のトラックバック

ウェブページ