2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

23年ぶり

あちらこちらで運動会の話を聞く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

タイトルどおり、今日は23年ぶりの出来事がありました。それは、ソフトボール用ユニフォームを着たことです(とは、言っても以前着たのは野球でしたが・・・)。帽子もかぶり、ソックスの上に履く、よく子供達がだらしないからきちんとつけましょうと注意されるものもつけました。かみさん、子供達の感想としては似合わないという意見でしたが、とりあえず一年は我慢してみていただきたいと思います。

初の公式戦で、ベンチ入りしましたが貴重な時間を過ごせました。やっぱ応援席では感じることが出来ない選手との一体感がありましたね。残念ながら結果としてはエラー10個に安打2安打。12対4の完敗でしたが、次回は課題が少しでも克服出来るような練習を考えたいと思っています。

2011年5月25日 (水)

幸福度指標

私が勤務する会社では6月が年度末。一年の振り返りをしないといけないなあと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ネットでニュースをみたら、幸福度指標「仕事と生活の調和」日本低く・・・・OECD(経済協力開発機構)発表という記事をみかけた。簡単に説明すると、収入、仕事、健康など生活に身近な項目を数値化して国ごとに評価する仕組みを7年かけて策定。各国の経済統計などをもとに、11項目について0~10の範囲で数値化したものだそうだ。

日本は、殺人事件発生率が低く、安全が9.7と高い評価だが、勤務時間が長く、余暇などに使う時間が短いため「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)は4.1と低いそうである。ちなみに私はというと、余暇などに使う時間が多すぎると会社やかみさんから説教をくらいそうな感じ・・・。

日本はOECD加盟34か国中19位。1位はオーストラリアだそうである。ぜひとも一回は、オーストラリアに遊びに行きたいなあと思う。

2011年5月17日 (火)

大会新

長女が所属するソフトボール部。練習試合に負けたおかげか?ここ最近は、非常に選手ひとりひとりに集中力を感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな中、15日に弘前市で陸上大会が行われ、長女がソフトボール投げに出場しました。昨年の成績としては約42mで、今年はどのくらいの記録が出るか楽しみにしていましたが、なんと大会新の50m75でした。ちなみに前大会の新記録も同じ小学校でソフトボールをやっていた子ということがわかり、ちなみにその女の子は今では伝説の先輩と言われていたそうなので、長女も後輩から伝説と言われるのかなあと思うと、なんか変な感じがするわけで・・・。

というわけで、今度は県大会。いろんな猛者に出会い、いい刺激を受け、お山の大将にはならないでいてほしいなあと思っています。

2011年5月14日 (土)

裏の努力

最近の天気予報は、ほんとにあてにならないなあと感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日も桑田真澄さん著者の心の野球から書きたいと思います。桑田さん曰く、努力には表と裏の努力がある。例として野球選手であれば、表の努力とは、ランニングをしたり、打撃・守備練習等をしたりすること。要するに技術や体力をつける練習。

では裏の努力とは?トイレ掃除だったり、草むしりだったり、挨拶や返事だったり、ゴミが落ちてたら拾うことだったり、玄関先で靴が乱れていたら揃えるなど。事実野球とはまったく関係のない努力だが、人の見えないところで善い行いをするということは、運とツキと縁を貯金してくれると信じている。表の努力が全てではなく、目にみえない裏の努力も含めて、その人の実力になるのだと思うと書かれていた。実にすばらしい考え方だと思う。

話は少し変わるが、ある総会である方が話されていた。「中国のあるえらい人が言ってたという。今回の震災で、暴動が起こらない日本という国はある意味すごい国だと。中国ではまず考えられない。中国の教育がどのように成っているのかよくわからないが、個人的には子供からの教育という点に違いがあるのではないか」と話されていた。

最後に教育のことはうちにはよくわからないけど、裏の努力は、今後コーチをする身として大事にしていきたいなあと思っています。

2011年5月10日 (火)

心の野球

ソフトボールの練習ですっかり日焼けしてしまった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

連休前に友人からソフトボールのコーチをやるのであれば桑田真澄さん筆者の心の野球を薦められ、連休中に読んでみた。正直、いろいろ考えさせられることが多く、よい勉強になったと思うので、何回かにわけてブログに書き記しておこうと思う。

今日は努力について書きたい。努力というと一心不乱に根性だけで練習に没頭するというイメージが強い。がしかし、桑田さんの解釈は違う。超効率的努力。つまり、一番大事なことは努力の質だということ。1000本ノックや素振りも確かに大事だと思うけど、それより毎日10分や15分小さな練習を継続して行うほうがよっぽど身になるということ。

皆さんもこういう経験をしたことがないだろうか?試験等で1週間前から勉強するつもりが、結局は出来なかったり、あるいは何時間勉強しても頭に無理に詰め込むため、復習すると全く暗記できていなかったなど・・・。それよりも短時間、コツコツと毎日勉強するほうが、集中力もとぎれにくいし、わずかな苦痛で済んだりする。実際、私もこれまで資格を取得する際は1日5ページとか10ページ読むとか決めて合格できたことを考えると、桑田さんの書いていることは最もだと思っている。

まずは、これを実践できるように子供達に助言できればいいなあと思う。

2011年5月 4日 (水)

今が見頃

先週は、PTA総会にソフトボール後援会の総会、さらに友人との飲み会など、多忙な1週間を送り、今週はゆっくり過ごそうと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんなことはいっても、津軽人として弘前さくらまつりはみたいもの。今年は開花が遅れ、天候も寒いためか、今、見頃をむかえている。昨日、昼過ぎあたりから行ってきましたが、ものすごい人でした。あまりの混雑ぶりに、店には大行列が出来ていたり、歩いていこうにも前に進むことが出来ないなど、それはすごい人でした。

早いものでGWも中盤。県外の方には、是非とも弘前のさくらを見にきていただき、弘前の良さを感じとっていただきたいなあと思っています。そういえば○○大学の生徒さんが弘前城で三味線鳴らしていましたね。情緒があってとても良かったと思います。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のトラックバック

ウェブページ