2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

上司によるスキー教室

お世話になっている親戚の叔父さんが、脳梗塞の再発のため、入院したという話を聞き、満足に恩返しが出来ていないなあと感じている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日、上司のおはからいにより、鰺ヶ沢スキー場に行ってきました。かみさんはともかく、うちはスキー場が2回目、子ども達は初めてということで、少し恐怖感があったもののワクワクしながら現場に向かいました。

現場につき、スキーセットをレンタルし、いざリフトへ・・・。なんと上司の指導により、いきなり頂上から滑ることとなり、私も子ども達も何度も転倒を繰り返すハメになったわけです。がしかし、これが2・3度滑ると転倒の回数もどんどん減り、そこそこ滑れるようになっていたので、正直びっくりさせられました(子ども達は、特にうまくなっており、教え方がうまかったんだろうなあと。)。ちなみに子ども達は、明日もスキー場に行きたい!!と話しており、ものすごく楽しい時間を過ごせたようでした。

例年でいくと冬は何もしない。ゆったりとした季節となっていましたが、これからの冬は楽しく、なおかつ金がかかる時期になりそうです。まあ、これも北国ならではの楽しみ方ですね。

2012年2月11日 (土)

弘前市 笑顔プロジェクト

4月中旬まで飲み会の機会が増えるため、しじみとウコンがかかせなくなる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

11日、弘前青年会議所が主催で弘前市笑顔プロジェクト(岩手県の5市町村の被災者300人が、弘前市の弘前公園で開催中の「弘前城雪燈籠(どうろう)まつり」に1泊2日の日程で無料招待)が行われるということで、弘前東奥ライオンズクラブにも協力要請があり、そのイベントのお手伝いをすることになった。

私はというと被災地の皆様を弘前の見所スポットに案内をするという役目でしたが、決まったコースを歩いて案内するということだったので、方向音痴の私でも特別支障はなかったのですが、とにかく歩行距離が長いことにびっくりさせられ、被災地の方も歩くのが大変だったのではないかと感じました。ちなみに、一番人気があった案内所は弘前教会で、なんとそこには、この辺の地域のゆるキャラが8名ほどいるとのことで、子ども達にも大喜びされているのが印象的でした。

その後、被災地の方、約45名ほど懇親会にお招きして楽しんでもらうなど、疲れた中にも笑顔がいっぱいというような一日でした。明日は、温泉でゆっくりするとか・・・。少しでも、被災地の方が元気になっていただければ幸いです。

2012年2月 8日 (水)

除雪・排雪のことなら

年賀状のお年玉があたったかどうか気になってみてもらったところ、3枚しかあたっていなかったとの話を聞き、ちょっぴり残念な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年はとにかく雪・雪・雪。雪に悩まされている方も多いのでは?

先日、利用者さん宅で屋根の除雪および排雪をお願いしたいのだが、どうしたらよいかと相談があった。ちなみに、いろいろな事業所さんがあるようだが、現在、ものすごく混み合っているとのことで、1ヶ月ほど待たされる方もいるそうです。

偶然、私の知人の方(株式会社BiMAハウジング:38-3345)で対応出来る方がいましたので、その方にお願いして近日中に対応してもらうことになりました。独居の高齢者の方など、この時期は施設で過ごしたいと話される気持ちが改めてわかったように思いました。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

ウェブページ