2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月10日 (金)

初めてのお別れ会

  フェースブックを更新する機会が多いのですが、ここ最近、桜の話題が多く、弘前LOVEの人がほんと多いなあと改めて感じた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

桜もきれいに咲いた後は、当然散るわけですが、先日、2年6ヶ月ほど担当させていただいた利用者さんが残念ながら息をひきとりました。生前、その方にはよくかわいがられていたこともありまして、自宅にお線香をあげに行きたいと電話したところ、介護者の方より、明日、お別れ会をやるので、香典は持たず。普段着でおいでくださいと言われ、???と思ったものの、その時はわかりましたと軽く返事をし、電話を切りました。

  お別れ会当日。普段着でよいと言われたものの、喪服でなくて本当に大丈夫なんだろうかと会社の同僚に聞いたり、自問自答を繰り返した結果、結局、喪服で参列することにし会場入り。会場入りしたところ、参列された方々もほとんどの方が喪服で、正直一安心し、焼香させていただきました。焼香後、今度は最後に顔をみて行ってくださいと声がけされ、きれいに化粧された利用者さんのお顔を拝見することができました。そして家族にお悔やみの言葉をかけ、お別れ会は終了。時間で換算するとわずか3分程度のお別れ会でした。

  自宅に戻り、そのことをかみさんに話したところ、かみさんからは、そのほうが参列される方も空いた時間で参列出来るし迷惑もかからない。また、必要以上に長い時間、参列者を拘束することもないし、ありがたいのではないか。また香典などをいただくこともなく、金銭面の負担もないし、気持ちさえあれば気軽に参列してもらえるだろうから、自分が亡くなったら盛大に通夜や葬式を行わないで、このようなお別れ会にしてもらいたいと、遺言?をいただくような羽目になりました。

  いずれにしても亡くなられた利用者さんにお別れ会というものを考えさせていただく機会になったのは間違いなさそうです。
 
  最後に謹んでお悔やみ申し上げます。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

ウェブページ