2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月18日 (月)

報告書をそのまま

 今まで海外旅行はしたことがなかったのに、今月は2回海外に行く予定になっている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 11月5日から9日までライオンズクラブの催し物でマレーシア・シンガポールに行ってたわけなんだけど、そんな私に報告書をかいてもらいたいとの依頼がきたため、急遽書いてみた。せっかく書いたので今回の記事として載せておこうと思う。

 11月8日、シンガポールでオセアルフォーラムが開催されることもあり。シンガポールに行くのであれば、去年、YCEで当クラブ会員のご子息が大変お世話になったマレーシアのホストファミリーが所属するチュウカイ セントラル ライオンズクラブに訪問し、感謝を直に伝えに行こうという話になり、通訳の方1名含め、計三名で訪問した。

 クアラルンプールから飛行機で約1時間。東部に位置するクアンタン空港へ向かう。空港へ到着した所、平日にも関わらず、たくさんの方々が空港で出迎えてくれ、中には移動用にと一週間前に車を購入したと話す現地ライオンの方がいたぐらいの大歓迎ぶり。夜には交流会を開催。互いの国の文化や食事のこと・さらには3.11の震災のことなど多いに語り、大いに話が盛り上がる。最後の挨拶ではお互いが友好クラブになろう!!というほどまでに意気投合した夜であった。

 二日目は、アクティビティーの見学ということで海亀の保護センターに案内していただいた。卵やウミガメそのものの乱獲をはじめ、海の汚染などで激減しているウミガメを保護するため、保護センターを設立しているとのこと。チュウカイ セントラル ライオンズクラブをはじめ、近隣のライオンズクラブが互いに資金を提供しあい、このような活動に対して援助を行っているとの話を熱心に説明してくれ、そのことに感銘を受け、いろいろ質問してはみたかったのだが、今後の予定も考慮し、別れを惜しみつつマレーシアを後にした。

 楽しくも短い二日間ではあったが、今回のマレーシアホストファミリーへの訪問から感じたことは、YCEという活動には、単に青少年の交換という目的だけではなく、クラブ同志が人種等に関係なく様々な方と知り合える機会や交流を持つことが出来るということ。そこからまた新たな可能性が生まれ、いろんな夢を創造することができるということを感じさせてくれた訪問であったと思っている。

 こういう機会を作ってくれた弘前東奥ライオンズクラブのメンバーやライオンズクラブの活動に感謝したい。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近のトラックバック

ウェブページ