2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年2月

2015年2月12日 (木)

10. 12. 2014

We went to apple park.

We visited the old house of japan,osanai house.

She was able to see the olden life in japan.

And then,we wen
t to hirosaki park hotel, for a welcome party.

She also gave a speech, many people asked her questions.

It seemed to have a little tired.

16:15 which was a little delayed.

We went to junior high school that Asuka attend .

Boys seemed to have been very excited.

I think she was able to spend a precious day today.


9. 12. 2014

She went to my company.

Today ,my company office relocation of office has been completed successfully with her help.

And then, we went to one handred yen shop.

She was to enthusiasm choose. 

She purchased a generous amount of things.

Why?

For ourselves and For her friend.

2015年2月11日 (水)

8. 12. 2014

We went to my company.


We saw many machines.that sorts the medicine. And it is expensive,only available a few units in Aomori prefecture.

And then, we visited dementia home and Nursing home.

She was surprised to one person each room. She also surprised by the machine of bathing.

I think she was able to gain various experiences.   

7. 12. 2014

We went to Goshogawara city.

 

Zhi Yan's bought boots.

 

We ate noodles. It's delicious.

 

And then. We visited tachinebuta muzium.

 

She was very exsited.

 

It was very fan today. 

忘れられた頃にこんな記事でも書こうか!!

 平成27年もスタートし、もはやふた月めに入ったというのに、昨年1年間のまとめがブログで書かれていないことが実に悔しい(ちなみに次回の記事で絶対書きます。)。私自身、昨年の10月頃から12月頃までは本当に体験したことのないビッチビチのスケジュールで、事務仕事は毎晩19時以降からのスタートだったので、今でもよくまわせたなあと私もそうですが事業所の職員もきつい時期をよく凌いでくれたことに感謝したいなあ~とインフルエンザA型を患い、時間的にも余裕ができ、少しずつ振り返りが出来ている今日この頃、皆様いかがお過ごししょうか?

 その中の貴重な体験のひとつにライオンズクラブYCE事業でのホームステイ(我が家には12月6日から12月16日までの予定)の活動がありました。今回は我が家に外国のお子さんがおいでになっしゃるということで、家族も派遣生が来られるまでは軽く拒否的な発言をしたり、幾らか緊張したようでしたが、実際に来てみたら、私が家族の中で一番遠い存在になっているように感じるほど交流していたこともあり。子供たちにとってもよい経験ができたと思っています(長男は単なるいじられキャラでしたが・・・。)。

それに伴い、私も派遣生の子との日記を英語で書いてみました。正直、これでもかなり添削してもらっています。5歳か6歳くらいのかわいい子が書いたものと思って慈しみをもって読んでみて下さい。つづく・・・・・。

« 2014年10月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

ウェブページ