2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

学問・資格

2013年10月23日 (水)

英語教室開催

最近、付き合い等が多く、金欠を通り越している今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

実は、今週の月曜日からライオンズクラブの活動でお世話になっているマレーシア出身の弘前大学留学生のナビラさんに我が家にお越しいただき、英語教室を開催してもらっています。受講生は今のところ、私と長男の二人。約2時間ほどの勉強でしたが、とても覚えやすく、長男も楽しんで参加されていたようです。

我が家にいる時は、英語をべかちゃん家の公用語として出来るくらいになればうれしいことですが、それは大分先の話になりそうなので、手短に短期目標ということで、長男と英語検定を取得していこうという話になっています。まずは5級から・・・・。

この他にも料理(マレーシア)のことなど、たくさん学べそうなので、いっぱい吸収出来たらなあと思っています。

これもそれもいろいろな活動を通して出来たことだと思うので、先行投資だと思って、これからも必要な時はバンバンお金を使っていきたいと思っています。

2011年4月 6日 (水)

忘れていましたが・・・。

ブログの右下(携帯電話では確認することができないと思っていました・・・。)にある国盗りカウンターも色づき始めてきたなあと感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近、選挙に没頭しており、ふたつのことを忘れていました。来年は忘れないためにも書き記しておこうと思います。まず一つ目は4月4日は結婚記念日でした。ここ数年、うつ病を再発していることもあり、まったくノーマークの行事になってしまいました。今年もかみさんに言われて気付く始末・・・。来年は忘れないよう、ブログのほかに今から携帯電話のスケジュール帳に入力しておこうと思っています。申し訳ない。

二つ目は3月6日に行われた運行管理者の試験ですが、正直な話、発表日を忘れてしまっていたのですが、なんとか合格することが出来ました。旅客の合格率は42.1%という結果。組織ということを考えたときに、もう一人、運行管理者の資格を取得しておいたほうがよいと個人的に思っているので、今後、他職員の方にも取得していただくよう働きかけを行っていきたいと思っています。

話は変わり、選挙戦もあとわずかとなりました。若い人の政治離れを肌で感じています。どうせ変わらないからと思っていたら何も変わらない。小さいことでもいいので何かしてみませんか?私も自分に出来る範囲で頑張りたいと思っています。

2011年2月25日 (金)

あさべん

今日は私の35才の誕生日。昨夜は誕生日の前祝いを家族で行い、たらふくかっぱ寿司を食べた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

3月6日に運行管理者の試験を控え、現在、あせりながら勉強中。勉強する時間としては1時間半程度で、朝4時頃から勉強を開始している状況なんだけど、最近、その話を聞いた長男もあさべん(朝勉強)がしたいと話すため、5時半に起こし、こないだ購入したクレヨンしんちゃんの漢字学習ノートみたいなものをやり始めている。

学習意欲があっていいことなんだけど、先日、起こし忘れた時にものすごく怒りだし、学校にいかないと話すなど、それはそれは大変なものでした。そんな状況ではありますが、せっかく意欲があるようなので付き合ってあげたいと思っています。私もその意欲見習わなきゃ。

2008年5月22日 (木)

私のスタイル

あちこちで田植えをしている様子がみられる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は18日に行われた平成20年度社団法人青森県社会福祉士会通常総会・日本社会福祉士会の生涯研修制度基礎過程・同じく共通研修に参加し、久しぶりの公休でしたが、すべて勉強に注ぎ込むような一日になったことについて書きたいと思います。

それもこれも全ては、成年後見人養成研修を受けたいがため、単位が必要でありまして、そのために研修を受けていたわけです。その研修のおかげで、今回も新しい出会いが出来ましたし、普段まるっきり関心のない社会福祉士の倫理綱領についても学ぶことができ、普段の業務のあり方など振り返ることが出来る研修内容であったと思っています。医療職あるいは福祉職の専門の方々、自分が所持している資格の倫理綱領を一度見直してみてはいかがでしょうか?何か気づかされることがあるかもしれません。

最後に記事のタイトルについてふれたいと思いますが、私は、会社から要請のあったもの以外で自分で参加したいという研修があれば自費で参加するようにしています。例えば今回の研修があることなど会社に伝えれば、おそらくそれも自分達の法人名やあるいは事業名などを知ってもらう大切な機会になるので研修として参加してもかまわないとの話が出るかもしれませんが、その主張をするよりは自分が必要だと思った研修は自費をはたいても学べることがあると思いますし、後々メリットがあることだと思っています。また会社で与えてくれる研修しか参加しない職員は、どうしても情報を得る機会が少ないと思いますし、自己研鑽が必要であるという認識が欠けているように感じてしまいます。さらに会社側の命令で研修に参加させてもらうということは、その職員に対して会社側としては投資をしているわけで、そのようなことを考えると会社側と対等につきあっていくことが出来ないように感じてしまいます。(ただし、今、自分が配属されている部署にとって必要な研修。例えばケアマネの研修などについてはまた別の話だと思います。)

まあ、人それぞれいろいろな考え方があるとは思いますが、これが私のスタイルです。

200805181000000

2007年11月 2日 (金)

居るべき場所

介護支援専門員の試験も終わり、自己採点でよかった方も悪かった方もまずはお疲れ様でした!!と激励したいなあと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

話は変わりますが、皆さんは今、自分がやりたいと思っている仕事が出来ていますか?性格なのかなんなのかは自分でもわかりませんが、私は以前からいろんな方から相談を受ける機会が多いほうでした。そしてそのことについて助言をし、喜ばれたり、感謝されたりすることがうれしくて福祉の仕事をするようになりました。

だからこそ、今年合格出来た社会福祉士という資格は自分にとっても自身になったし、ある意味、これまでの集大成とも言えるべき出来事だったと思っています。残念ながら4月から管理職(部長職)となり、利用者さんからの相談に対して感謝されるという機会は減ってしまいましたが自分のしたいこと。居るべき場所は相談職だと今でも思っています。がしかし、今考えるとというかもっと早く気づけよと言われそうですが、相談対応は別に福祉職に限ったことではないんですよね。

というわけで1年ぐらい前に友人と酒を酌み交わし話をしていましたが、あそこの建物に行けば、生活全てに対する相談が対応してもらえるんだよなあと利用者さんから感謝されるようなものをやりたいと今でも思っています。それが今、勤務しているところで行うことが出来るのか?新たな事業所を作るべきなのかはまだ不透明ですが、そこに向かって頑張ってみたいと思っています。本当は弁護士を目指したいんですが、あまりにも高すぎる山もくじけると思うので、自分としては街の法律家と言われる行政書士にチャレンジしようかなと考えています。

こないだマイミクさんが書いていた吉田松陰の言葉が頭の中に浮かびます。「生きて大業を成す見込みがあればいつまで生きよ、死んで不朽の価値あると思えばいつでも死んだらよい」

このブログをみて、こっちのほうがべかちゃんに適しているんじゃない?という助言がある方は遠慮なくどうぞ!!

2007年7月 8日 (日)

二度目のチャレンジ

あちこちでねぷた囃子が聞こえ、いよいよ青森にも夏到来?!と思えてしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日の記事は私のチャレンジというわけではなく、今まで私の資格取得にかげながら支えてくれたかみさんのチャレンジ話です。

うちのかみさんは、今、○○整形外科に理学療法士として勤務し、かれこれ10年の月日が経とうとしていますが、一昨年に一度、介護支援専門員の受験を受けたことがあります。ただ普段、介護保険の業務とは縁があまりないところでの業務内容でしたし、かみさんなりには勉強したこととは思いますが、結局のところ残念な結果となってしまいました。

そんな状況でしたが、ここ最近、病院側も介護保険の参入を考えているようで、今後も見据え、誰かに介護支援専門員の資格を取得してほしいとの要望があり。結局、参考書代も病院側で持ちますということで、かみさんが二度目の受験をすることになりました。そういうわけで資格取得にあたり、いろいろ協力してもらった私は、今度は協力する側としてサポートするわけですが、少しでも家事や育児の負担を軽くしてもらえればといわれ、ほとんどかみさんの指示のもと家事や育児を以前に比べ少しだけ手伝っています。

今年は職員の方にも資格を取得できるような取り組みが必要ですし、かみさんにも勉強に励んでもらえるような環境作りが出来ればいいなと思っています。(結構サボることも多いとは思いますが・・・。)

みんな頑張れ!!

2007年5月20日 (日)

社会福祉士登録証

ついに自宅に届きました。

社会福祉士登録証!!これで資格がありますと名乗ることが出来るわけです。ひとつ欲を言えば、失言の多い厚生労働大臣の名前が・・・。

Photo

2007年3月31日 (土)

第19回社会福祉士国家試験

ようやく私も新年を迎えられるようになりました。

今日は、なんといっても第19回社会福祉士の合格発表でした。というわけで合格しました。

えっ?たしかべかちゃんって今年も不合格って言ってなかったけ?とつっこみを入れられそうな勢いですが、だって合格しちゃったんだもん。ほんと自分自身高飛車になってますね。でも今日は高飛車にさせてくださいな。

思えばこの資格を取ろうと思ったきっかけは二人の社会福祉士との出会いでした。ひとりは岩手県在住のKさん。あれはKさんが在宅介護支援センターの研修の講師で青森に来た時に接待した後、ロマントピアの望遠鏡をみに行った時のこと、Kさんからこのような言葉を投げかけられました。○○君、君はまだ若いんだよ。これからいっぱい勉強すれば必ず自分に返ってくるから勉強しなさい。それと資格をとりなさい!!僕と同じ社会福祉士だよ。って言われました。そのときは社会福祉士なんて無理だよなあとまるでひとごとのように考えていたのですが、ひそかに目標にしてみようかなと少し酔ってはいましたが思っていました。

それから数ヵ月後、今度は県内在住(下北)で社会福祉士のTさんに福祉用具プランナーの研修で出会いました。その時にTさんに実は社会福祉士挑戦してみたいんだけど・・・と相談してみました。Tさんからは、勉強すれば必ず受かるよと言葉だけかも知れませんが励ましてくれ、その後も何らかの機会があるたびに、社会福祉士の資格の重要性や役割などについて、私のようなあんぽんたんでもわかりやすくいろいろ助言していただき、いつの日かこの方のようになれたらなあという思いが湧き出てきました。

そんな思いから、かみさんに無理言って通信課を受講したいことを話し、いろいろ費用の面でも都合してもらいました。確かに人からは、そのお金もったいないんじゃないの?とかあの資格はとるの大変だよとかいろいろ言われたものです。

よく出会いは人を育てると言いますが、まさにこの二人のおかげで悲願の社会福祉士合格ができたと思っていますし、まずはこのお二方にご報告させていただきたいなあと考えています。それとこれからもこのような日々成長もしくは日々勉強できるような出会い・そして人脈を作っていきたいなあと思っています。それから応援してくださった方々、本当にありがとうございました。私のような劣等生でも勉強すれば夢は叶うということを、いろんな人に伝えていきたいと思っています。

2007年2月21日 (水)

介護福祉士合格に向けて

福祉の芽、関門乗り越え、桜咲く・・・。

福祉関係者の方はすでに知っているかとは思いますが、介護福祉士の筆記試験の合格が発表されました。ただ介護福祉士は、この筆記試験のほかに介護技術の試験も行われ、その試験に合格しないと介護福祉士という国家資格は取得できないものとなっております。ちなみに私は、このような苦労も知らない専門学校卒業だけで介護福祉士という国家資格を取得しているので、はっきり言って技術や知識があるという評価を得たものではなく、あくまでもお金で資格を買ったと言われても言い返しようがない身分です。

それだけにこの資格を筆記および技術で、きちんと合格できている方を尊敬してますし、これに満足することなく次のステップに向かってほしいなあと思っています。逆に今回、試験の結果が残念であっても、この悔しさをバネに再度チャレンジしてがんばってほしいなあと思います。そういう私も、昨年に引き続き社会福祉士の国家試験を受けましたが、おおよそのところだと不合格が濃厚だと思いますが期待せず待ってようと思っています。 

ちなみに知人の方で簿記の2級を目指している方がおりまして、勉強するためには通信か盛岡の学校に行くしか方法がないらしいのですが・・・。このての情報を知っている方もしくは教室情報があれば教えていただければ助かります。トラックバックで情報なんてこないかなあ?

最近のトラックバック

ウェブページ